魂の成分表 パート2 「過去世での仕事や役割ランキング」 解説

前回、前々回に続いて
2017年末から始めた新サービス
『魂の成分表』について
ご紹介していきたいと思います。

今回は、『魂の成分表』のパート2であり
成分表1枚目の左下にあたる
「過去世での仕事や役割ランキング」
について解説します。

成分表の他のパートや、
そもそも魂ってなに?ということについては
下のリンクで紹介する記事をご覧ください。


『魂の成分表』解説記事シリーズ

『魂の成分表』パート0「魂」とは

『魂の成分表』パート1「あなたの魂の中の偉人たちランキング」 解説

『魂の成分表』パート2「過去世での仕事や役割ランキング」 解説

『魂の成分表』パート3「今でも残る過去世のつらい思いランキング」 解説

『魂の成分表』パート4「あなたの今の人生のテーマ」 解説

 

「過去世での仕事や役割ランキング」で示されていること

あなたという人の魂には
過去の色々な人の様々な思いや経験が
ギュッと凝縮されています。

(この言葉の意味が分からなかったら
先にこちらの解説を見てくださいね)

このパート2では、あなたの魂が
あなたの肉体に宿るまでに
どんな仕事、役割、立場、生活を
過去世で経験してきたかを

その今回の人生での重要さの順に
ランキングにして示しています。

このパートはランキングづけの
基準となっている「重要さ」のほかに
経験したおおよその「回数」や「年数」も
あわせて表示しています。

 

「過去世での仕事や役割ランキング」の回数、年数って?

「過去世での仕事や役割ランキング」で
表示している回数、年数というのは
その仕事、役割を経験した人生の
回数や寿命の合計です。

もう少しどういうことか補足します。

 

人の仕事、役割は人生の中で何度も変わる

人は、生まれてから死ぬまで
ずっと同じ仕事や役割を続けている
というわけではありません。

たとえば、生まれたてのときは誰しも
「赤ちゃん」という役割です。

でもその先は時代や生まれた環境によって
本当に千差万別です。

わずか3歳にして「王様」という肩書きが
のしかかって生涯続く人生もあれば、

「物乞い」から始まって
「行商人」や「泥棒」などをして生き延び、
やがて「軍人」になって頭角をあらわし、
人生の最後の3日間だけ「王様」になるような
波乱万丈の人生もあります。

 

人は一時にいくつもの役割を持つ

そして、1つの人生の同時期であっても
その人の役割は1つとは限りません。

まず実際に2つ以上の仕事、役割を
こなしている場合があります。

たとえば「お母さん」と「農民」や「職人」を
同時にこなしている場合などです。

 

1つの立場、肩書きがいくつもの仕事、役割を意味する

それに、その人にとっては1つの立場、肩書きでも
仕事や役割として分類すると
いくつかにまたがっている場合もあります。

一口に「王様」といっても
その立場や果たす役割は時代や場所によって
国で最高の「神官」も兼ねていたり
一国の軍全体を指揮する
「武将、軍人」でもあったりします。

 

回数、年数はその経験をした人生の合計

「過去世での仕事や役割ランキング」で
示している「回数」は
このように様々な意味でいくつもの
仕事、役割を持っている人間の人生のうち

一時期でもその仕事、役割を
経験していたことがある人生の
回数をあらわしています。

同じように、「年数」は
一時期でもその仕事、役割を
経験していたことがある人生の
生涯の年数(寿命)の
合計をあらわしています。

このため、例えば1つの過去世が
ランキングに出ている全部の仕事、役割で
数えられ、寿命を足し合わされている
という可能性もあります。

 

「過去世での仕事や役割ランキング」の付属説明

『魂の成分表』の各パートには
付属の説明があります。

「過去世での仕事や役割ランキング」の場合は
より詳しい仕事、役割の内容、
回数と年数から分かること、
その時した主な経験、あなたの魂にとっての意味
などを補足しています。

 

「過去世での仕事や役割ランキング」から分かること

分かることその1:魂の方向性、軸、ベース

「過去世での仕事や役割ランキング」
を読むことで、あなたの魂が持っている
方向性、軸、ベースが分かります。

あなたは、過去世の仕事や役割で
経験できることを経験したくて
転生を繰り返している魂です。

このランキングに出てくる
仕事や役割ですることになる経験は
あなたの魂が持つテーマの中心軸や
魂の根本的な価値観を示しています。

例えば、王様、シャーマン、
軍人、氣功師、行者
がランキングに入る人であれば

・多くの人の役に立つ
・人を元氣にする
・見えない世界の真理を人々に取り次ぐ
・自分自身もより深い悟りに至る
・自分の身を犠牲にしても大切なものを守る

といったテーマや、価値観が
中心にあることが感じ取れます。

 

分かることその2:開花しやすい才能

また、過去に魂が経験していることは
才能が開花しやすいです。

もしランキングに入った仕事、役割に
今回の人生で取り組んでいないことがあったら
チャレンジするだけの価値はあります。

たとえ現代においてのその仕事には
不得意な作業が含まれていたとしても

その仕事につく人であれば
どの時代でも必要とされる能力は
とても高かったり、伸びやすかったりします。

その能力を別の仕事や場面で
活かすことを考えてみましょう。

例えば、「料理人」の過去世が多いのに
料理が苦手だとしたら
それは、料理する環境が前の時代と
違いすぎるからかもしれません。

それでも、過去世の「料理人」の時代に
多く経験を積んでいそうな
“その時手に入る素材を上手に組み合わせて使う”
“ものを創り出すときに手を通して想いを込める”
などの能力は、他の分野でも活用できるでしょう。

 

「あなたの魂の中の偉人たちランキング」の解説まとめ

このランキングはあなたの魂が
過去世で経験した仕事や役割のうち、
今回のあなたの人生にとって
重要なものを上位から並べてあります。

「過去世での仕事や役割ランキング」で
示している「回数」や「年数」は
様々な意味でいくつもの仕事、役割を
持っている人間の人生のうち、

一時期でもその仕事、役割を
経験していたことがある人生の
回数や寿命の合計です。

このランキングの補足説明では
より詳しい仕事や役割の内容、
回数と年数から分かること、
その時した主な経験と
それのあなたの魂にとっての意味
などを補足しています。

このランキングからはまず、あなたの
魂の方向性、軸、ベースがわかります。
あなたは何を経験してきていて
何を課題としている魂かということです。

次に、あなたの開発しやすい
能力が推測できます。
この能力は、例えその仕事や役割
そのもので活かさなくても
今のあなたの人生のどこかの場面で
大いに役立てることができます。

 


『魂の成分表』解説記事シリーズ

『魂の成分表』パート0「魂」とは

『魂の成分表』パート1「あなたの魂の中の偉人たちランキング」 解説

『魂の成分表』パート2「過去世での仕事や役割ランキング」 解説

『魂の成分表』パート3「今でも残る過去世のつらい思いランキング」 解説

『魂の成分表』パート4「あなたの今の人生のテーマ」 解説